サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

オーバーステアとは

オーバーステアとは

オーバーステアはアンダーステアの逆で、舵角一定でコーナーに入っていった際に車が内側へ行ってしまう現象です。イン巻きのような現象もオーバーステアです。

スクリーンショット 2016-03-08 17.24.33

オーバーステアをコントロールすることは非常に困難です。オーバーステアの対処法としては、カウンターステアを当てながらアクセルを踏んでリア荷重にしていくという方法があります。要は、リアに荷重を戻していくということです。

カウンターステアを当てながらアクセルを踏んでいく操作は、上級者でないと難しいと思います。どうしても初心者の方の心理としては、リアタイヤが滑り始めるとブレーキを踏んでしまうということがあると思います。もちろん、クラッシュを回避するためにはブレーキを踏むという選択肢もあります。

しかし前述したように、カウンターステアを当てながらアクセルを踏んでいくという方法がオーバーステアの対処法のひとつとしてあります。これは、アクセルを入れればリアに荷重が乗ってオーバーステアが消えるということです。

アンダーステアは、単純にアクセルを離すかブレーキを踏めばいいですが、オーバーステアは逆にアクセルを入れてカウンターステアを当てるということになりますので、非常に高度な技術になります。基本的には、リアが流れてきたなと思った時に使う技術です。

サーキット走行では、アンダーステアとオーバーステアという言葉はよく使いますし、よく出る現象でもあります。そして、これらは荷重移動とも関係していますので、上手くなっていくとともに体験していってほしいと思います。

オーバーステアについての補足説明

サーキット走行でよく聞くオーバーステアは、車のバランスや自分のドライビングによって出てしまう現象です。もちろんサーキットによっては、オーバーステアが出やすいコーナーもあります。

オーバーステアとは、コーナーを一定の蛇角で曲がっている時に車が内側へと行くことです。

理由は様々ですが、本当は正規のラインを通りたいのに、リアタイヤのグリップ不足やアクセルを踏むタイミングが原因で、リアタイヤがグリップ力を失い限界を超えスピンしてしまうのです。

サーキットを走った時に、何故オーバーステアが出たのか?車のバランス?自分のドライビング?と考えてみましょう。どこのコーナーでオーバーステアが出たのかを覚えておくと色々と勉強になります。

下記動画も参考にしてみてください。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





サーキット走行の無料基礎講座

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

サーキットでドライビングアドバイス

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.