サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

サーキット走行でのアクセル操作

サーキット走行でのアクセル操作

サーキット走行でのアクセル操作についてですが、ストレートでは基本的にアクセルは全開で踏んでいきます。中・高速コーナーなどでもアクセル操作で曲がっていきます。また、コーナーの立ち上がりからもアクセルを踏んでいきます。

基本的な流れ、簡単な流れとして走行ラインはアウト→イン→アウトで走っていくわけですが、まずはコーナーに入る前にブレーキングをします。ブレーキングをしたらコーナーに入ります。コーナーに入っていき、インに付く箇所をクリッピングポイントと呼びます。

 

スクリーンショット 2016-03-08 17.22.38

このクリッピングポイントから、アクセルを徐々に踏み込んでいきます。コーナーを立ち上がっていく時に徐々にアクセルを踏み込んで速度を上げていきます。これがいわゆるコーナーの立ち上がりの走り方です。

したがってクリッピングポイント手前からアクセルを踏むのではなく、基本的にはクリッピングポイントからアクセルを踏みます。上手くなってきたら、クリッピングポイント手前から徐々にアクセルを入れていくということもありますが、まずは基本的な方法としてクリッピングポイントから早くアクセルを踏み込んで、早く全開にしていくようにしましょう。これがコーナーでの基本的なアクセル操作です。

中・高速コーナーに関しては、クリッピングポイント手前から徐々にアクセルを入れていき立ち上がっていきますが、90度コーナーなどでは、クリッピングポイントからアクセルを踏んで立ち上がっていくというのが基本になります。

よく「立ち上がり重視」と言われますが、これはまさにクリッピングポイントからアクセルを早く踏んで立ち上がっていくということです。

アクセルワークについての補足説明

サーキットでは、アクセルやブレーキなど全ての要素が重要になります。全ての動きに神経を集中させて、今、車の動きがどういう状態なのか、常に車の動きを感じる必要があります。

よく「スピードを出していて怖くないですか?」と聞かれますが、ストレートはアクセルを踏んでいるだけなので、全く怖くありません。怖いと感じるのは、ブレーキングしてコーナーに入っていく時でしょう。ストレートは間違いなくアクセル全開です。

さて、コーナーを立ち上がるときは、どれだけ早くアクセルを踏み込めるかが勝負になります。コーナーに入って行き、クリッピングポイントからアクセルを踏み込みます。クリッピングポイントからアクセルを早く全開にできるように車の向きを変える車の姿勢作りをしましょう。

いくらコーナー進入を頑張ったところで、アクセルを全開にするのが遅かったらタイムロスになります。車の姿勢が整っていない時にアクセルを開けていくと、アンダーステアやオーバーステアなど、車の挙動が乱れることがあります。これだけでもものすごいタイムロスになります。いかにコーナー立ち上がりから早くアクセルを開けていけるかが重要です。要はコーナーを頑張るより、いかに立ち上がりで早くアクセルを踏んでスピードをのせていけるかです。

立ち上がり重視の走りが、タイムを上げるコツです。無駄を無くしスムーズに走ることを心がけましょう!アクセルワークは丁寧に、メリハリをつけて走りましょう!

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.