サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

サーキット走行でのギヤチェンジ

サーキット走行でのギヤチェンジ

最近はサーキットでもオートマ車で走られる方が増えたように思います。実際、パドルシフトの付いている車などは非常に優秀で乗りやすいですし、ギヤを落とす際にも勝手にブリッピングしてくれますので問題なく走れると思います。

ここではマニュアル車について詳しく説明しようと思います。まずはシフトアップですが、シフトアップでは各ギヤともにアクセルを全開にしていくことです。普段の一般道では、アクセルを全開にすることはあまりないと思います。ですので、各ギヤともにアクセルを全開にしていくという癖が中々ついていないもので、躊躇してしまう人もいるでしょう。

基本的にサーキットでは各ギヤともにアクセルを全開にしていくことです。例えば、2速ギヤでアクセルをレッドゾーン近くまで踏み込んで、レッドゾーン近くまで行ったら3速にギヤチェンジをしていく。そして3速でまたレッドゾーン近くまでアクセルを踏んで4速にシフトアップしていく。というように、各ギヤでアクセルを全開にしていくことが、速く走るためのコツでもあります。

初心者の方は最初のうちは中々できないと思いますが、徐々に慣れていってほしいと思います。

続いてシフトダウンですが、シフトアップは比較的簡単に出来るでしょうが、シフトダウンは非常に難しいと思います。恐らく皆さんが苦戦するであろうヒール&トゥ、これは減速時に使うテクニックですが、非常に高度な技術なので難しいでしょう。

マニュアル車を運転したことがある人はご存知かと思いますが、ギヤを落とすとエンジンブレーキが効きます。速い速度のままギヤを落とすと、ものすごい音と共にブレーキがかかったような感じになります。しかし、サーキットではこのエンジンブレーキが車を減速させる上で非常に役立ちます。

ヒール&トゥのやり方は、まずブレーキを踏んで、ブレーキペダルがアクセルペダルと同じ高さぐらいに来たら、アクセルを煽ると同時にクラッチを踏んでギヤを変えます。この時ブレーキは踏んだままです。これは反復練習をするしかありません。ここで大事なのが、しっかりブレーキを踏み込むということです。

どうしてもブレーキの踏みが甘くアクセルをあおることができないという方がいますが、ブレーキはしっかり踏み込むことです。しっかりブレーキを踏み込んだら、ブレーキペダルがアクセルペダルと同じぐらいの高さに来ます。そうするとアクセルをあおりやすくなります。あおるのも、優しくあおるのではなく極端にあおると合わせやすいかもしれません。そして、あおる瞬間にクラッチも踏んであげてギヤも変える、というこんな一連の動作になります。

ちなみにマニュアル車でサーキットを走る際は、ヒール&トゥは必須です。なぜヒール&トゥを行う必要があるのかというと、ヒール&トゥをやらないことによってオーバーレブを起こしてしまう可能性があるからです。

マニュアル車は適正な回転数でギヤが落ちていかないと、エンジンブレーキが前のめりになるようにものすごくかかってしまいます。この現象を回避するために、ヒール&トゥで回転数を合わせてあげればスムーズにギヤを落としていくことができるのです。

回転数をスムーズに落とせないとエンジンがオーバーレブして壊れてしまう可能性があります。一般車ではそうそうないとは思いますが、そういう可能性もあるということです。回転数が合っていないことによってタイヤがロックして、車の挙動が不安定な状態になり滑ってスピンしてしまうこともあります。ですので、ヒール&トゥでしっかり回転数を合わせていくということが大事です。

シフトダウンで他に大切なのは、エンジンブレーキを利用して速度を落とすことです。短い距離でブレーキだけで速度を落とすのでは不十分ですので、エンジンブレーキも使って落とすというのがマニュアル車のメリットでもあります。ですので、エンジンブレーキをしっかり使えるようするということが大事です。

シフトダウンでは1つずつギヤをスムーズに落としていくということが大事です。いきなり4速から2速に落とすのではなく、しっかり4速→3速→2速というように1つずつスムーズにギヤを落としていくことが重要です。

とにかく、マニュアル車の場合はしっかり回転数を合わせることです。オートマ車は勝手にブリッピングして回転数を合わせてくれるのですが、マニュアルの場合は自分でやるしかありませんので、回転数を合わせるということがスムーズに走るコツでもあります。

サーキット走行でのギヤチェンジの補足説明

ここまで説明した通り、オーバレブをさせずにスムーズに減速する方法がヒール&トゥというわけです。ヒール&トゥは、右足のつま先でブレーキを踏み、それと同じ足のかかとでアクセルをあおり回転数を合わせ、同時にクラッチを切ってギヤチェンジをします。

重要なのは、ブレーキを踏んだ時にブレーキペダルがアクセルペダルと同じ高さになることと、ブレーキを踏む力を緩めずにアクセルをあおることです。 ちなみにフォーミュラカーは、トゥ&トゥで行うことがほとんどです。

ヒール&トゥはタイミングが重要で、リズムよく行わないとぎこちない動きになります。これは練習することで上手くなっていきます。頑張って素早くできるように練習しましょう。早くできるようになると、ギヤチェンジが気持ちよくなります。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.