サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

サーキット走行での装備品

サーキット走行での装備品

サーキット走行の際の装備品ですが、フルフェイスのヘルメットは必須です。レースに出ないのであれば、2輪用のフルフェイスのヘルメットでも充分です。2輪用と4輪用のフルフェイスヘルメットは、バイザーの部分の幅が違うのですが、通常走る分には2輪用でも大丈夫です。

グローブは、レース用のグローブでも安価なので使用した方が良いでしょう。ハンドルに対してフィットしやすく回しやすい構造になっていますので、是非レース用のレーシンググローブを装着してください。

シューズについては、本来はレース用のレーシングシューズが運転しやすいように出来ていてベストです。ただ、走行会などでは靴底の薄い運動靴やドライビングシューズでも結構です。レースに出ない限りはそれで問題ないでしょう。

服装については、基本的に長袖、長ズボンになります。危険があるかもしれませんので、夏でも長袖、長ズボンで走ってください。但し長袖、長ズボンで走るのは走行会での走行のみです。

本格的な走行の際はレーシングスーツの方がより良いですし、またレースに出る場合はレーシングスーツが必須です。夏場にレーシングスーツを着るのは暑いかもしれませんが、これも何かあった時に最終的に自分を守ってくれるアイテムになりますので侮れません。

フェイスマスクは必須ではありませんが、例えば車が燃えてしまうような事故になった時に、耐火性のものを付けていた方が当然いいのでお勧めです。フェイスマスクを付けると、気が引き締まるなんていう人もいますし、また汗をかきますので、その汗を吸い取ってくれるという役目もあります。必須ではありませんが、そんなに高いものではないのであれば良いでしょう。

レーシンググローブやレーシングシューズは、下記のものを参考にしてみるのもいいでしょう。

 

サーキットデビューの方法

サーキットデビューの方法ですが、「走行会を利用しての方法」と「ライセンスを取得してサーキット走行」する二通りの方法があります。

走行会を利用しての走行は、初心者でも気軽に参加できます。レーシングスーツが必須ではないので、そこに資金をかける必要もありません。日程は基本的に走行会主催者が決めた日程に合わせる必要があります。走行会では基本、初心者や中級者、上級者、車両の差などによるレベル分けがされているので安心して走れると思います。走行会には基本的にライセンスは不要です。

それに対してライセンスを取得してのサーキット走行は、サーキットライセンスというものを取得する必要があります。これにはそれなりのお金がかかりますが、このライセンスを取ることによってサーキット側の日程で走行することが可能になります。

サーキット側が、スポーツ走行などの日程を設定していますので走行可能な日を選んで走行します。平日も走行可能です。サーキットにもよりますが、平日であれば台数が少ない場合もあります。サーキットが設定するスポーツ走行は、初心者や中級者、上級者、車両の差によるレベル分けがないので、時には危険な場合もあります。

ある程度自分の都合で行けるのがサーキットライセンスを取得してサーキットを走るメリットなのかと思います。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.