サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

サーキットを速く走るコツ

さて、今日は
「サーキットを速く走るコツ」
についてお伝えします。

サーキットを走る上で、
やっぱりタイムは気になる
ものです。

もしかしたら、
あなたはタイムを気にするあまり
必死に頑張っていませんか?

実は、この「頑張る」という言葉に
問題があります。

ーーーーーーー

思えば、私もよく頑張っていました。

予選ともなればタイムを出すために
頑張ります。

しかし、いくら頑張ってもタイムが
出ない時があります。

タイムが出なくて悩んで、
また頑張って、
タイムが出なくて…

これの繰り返しなんてこともしばしば…

ある時、最初の数周はウォーミングアップの
つもりで軽く流す感じで走ってみました。

すると、良いタイムが出ました!

「何でだ??」

その当時は、本当に疑問でした。

で、良いタイムが出たもんだから、
また頑張ってみると、
タイムが出ない…

「わかった!」

力を抜いてリラックスして走れば
良いんだと。

で、今度はリラックスして走ってみたら、

「あれっ?」

タイムが出ない…

ーーーーーー

そう、頑張りすぎると力が入って力む、

リラックスしすぎると、ダラっとして
力が入らず、力が発揮できない。

何回か走っているうちに、
それがわかりました。

一番良いのは、
リラックスと緊張の間なんですね〜。

それからというもの、
とにかくそれを意識して
走るようになりました。

すると、走りも洗練されていき、
安定してタイムを出せるようにも
なってきました。

ちなみに、私が意識付けに
使った言葉が、

「丁寧に」
「綺麗に」
「スムーズに」

この3つの言葉です。

ーーーーーー

なぜ、この3つの言葉なのか?

それは、できるだけ無駄のない
ロスを少なくした走りをしたかった
からです。

頑張りすぎると雑になるし、
リラックスしすぎると走りにキレが
無くなる。

なので、どちらでもない要素が
必要で、とにかく丁寧に、綺麗に、
スムーズに走らせることだけを
意識しました。

これはよく言う言葉ですが、
「一見面白くないような走りが
速かったりする」

これが「サーキットを速く走るコツ」
でもあるのです。

どれだけ、無駄なく、ロスなく
走れるか、それを意識して走ると
良いと思います。

この3つの言葉は私が走る前に
唱えていた言葉ですので、
みなさんも自分に合った意識付けの
言葉使ってみると良いかもしれませんね。

これはどちらかと言うと、メンタル面に
部分かなと思います。

このようにメンタル面が走りに影響する
のがサーキット走行なんですね。

 

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加