サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

タイムで世界が変わる!

昨日から車のお仕事で栃木に来ています。

なんか、寒波が来ているらしく、
結構寒いです(°_°)

さて、この前の筑波サーキット1000
でのドライビングレッスンの続き。

初心者の方のお話をさせて頂きますが、
その方は前回筑波サーキット1000を
走られた時は、なんとか50秒を切った
感じでした。

やはり、初心者の方の問題点としては、
ライン取りやスピードにあるのかなと思います。

僕のレッスンの場合は、まずはサーキット
に慣れてもらうことを意識しています。

走り始めというのは、やはり緊張する
ものです。

なので、まずは雰囲気に慣れるという
ことが大事ですね。

ーーーーーーー

慣れていく過程で、今回は走り始めから
50秒を切ってきました。

ここから、またデータを分析しながら
改善していきます。

その方の改善点としては、ライン取りと
アクセルを踏むポイントなどでした。

ここで、効果的なのが同乗走行です。

同乗走行をしながら、まずはラインの
チェック、そしてスピード感を体感で
味わってもらいます。

あとは、その車がどのぐらいまでタイムが
出るのか、どんな感じで走れるのかを
体感として味わってもらいます。

すると、どうでしょう!

次の走行で一気にタイムが上がるんですね!
体感てすごいんです!

そこから、またデータを分析しながら
改善していきます。

ーーーーーーー

そして、改善した結果、前回より4秒近く
タイムを上げ、45秒台まで行きました。

初心者クラスのトップタイムでした!

50秒台とはスピードも体感も別世界で、
本人も「楽しい!」と何度も口にして
いました。

ここで大事なのが、いくら頭で理解しても、
やはり体感に勝るものは無いのかなと思います。

もちろん、サーキットでのレッスン前には
しっかり座学も行いますが、やはりそれだけ
ではなかなか難しい部分もあります。

座学が必要ないわけではありませんが、
座学と実地の両方があって初めて、
体感として腑に落とせるのかなと思います。

もう1人の中級者の方も、荷重移動は理解
していてもそれが体感として腑に落ちて
いないと意味がないわけですね。

そして、腑に落ちて初めてコーナーの旋回
の感覚がわかってくるのです。

ということで、座学と実地、この両方が
あるところが、ドライビングレッスンの
良いところでもあるのかなと思います。

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加