サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

データロガーでわかる走り方の癖

さて、先日は筑波サーキット1000で
ドライビングレッスンでした。

天気も良く、非常にコンディションの
良い中、レッスンをすることが
できました。

先日の参加者の方は、初級者と中級者の
方でした。

走るたびにデータロガーで分析して
良かった点や問題点を見つけて
次の走行につなげていきます。

結論から言うと、
データロガーってすごいなと。

初心者の方ですと、外から見ていても
改善点が結構わかりやすいのですが、

中級者レベルになると、外から見ただけ
ではわかりにくい部分もあります。

そこで、役立つのが、データロガーであり
車載カメラなのです。

ーーーーーーー

先日はロガーのデータを中心に分析し、
改善点を探していきましたが、
ほんと、細かいところまでわかるんです!

基本的には、僕の走ったデータとお客様
のデータを見比べることになります。

一見問題なさそうな走りをしていても
見比べてみると、ブレーキの踏み方が
甘かったりということがあります。

大体が、ブレーキング初期が強く踏めて
いないことが多いです。

これって、データを見ないとわからない
部分なんですよね。

で、その部分を直そうとすると、
1回はタイムが落ちます。

やはり、先日もそうでした。

そして、2回目の走行で見事にベスト
タイムを更新していました^_^

ブレーキの踏み方も改善され、
強く踏めるようになっていました。

ーーーーーーー

ブレーキが強く踏めるようになると
荷重移動もより理解しやすくなります。

荷重移動を理解して、いかにコーナー
をスムーズに旋回するか、これが大事に
なってきます。

そう、コーナーは旋回させる感じなんですね。

これって、感覚で覚えていくところでも
あります。

いずれにしても、ちょっとした細かい
1つの動作が様々な気づきを与えてくれて
タイムアップにつながっていきます。

ということで、このような分析をできるのが
データロガーであり、オーダーメイドで行う
ドライビングレッスンの良いところでもあります。

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加