サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

ハンドルの切り方のコツ

先日、ドライビングレッスンの
お客様の家に伺い、
座学を行ってきました。

サーキット以外の場所で
説明するのはわりと難しいのですが、
ミニカーなど使って説明することで、
理解が深まるなと思います。

座学で少し話題になったのが、
ハンドルの持ち方、切り方です。

なので、今日は
「ハンドルの切り方のコツ」
についてお伝えしていきます。

ーーーーーーー

実は、ハンドルを切る際の
ハンドルの持ち方って
意外と皆さん気にしていない
のかと思いますが、
いかがですか?

まず、普通の持ち方ですが、
昔教習所では10時10分と
言われていましたが、

基本は9時15分の位置ですよね。

なので、基本は9時15分で
持つことです。

で、切り方なのですが、
あなたはどんな切り方を
していますか?

ーーーーーーー

私はフォーミュラカーに乗っていたので、
基本9時15分の状態で持ったままで、
最大でも180度回していく感じに
なります。

これが、ツーリングカーなどの
いわゆる一般車ですと、
もっとハンドルを切ることが
多くなる場合があります。

そうすると、持ち手を変えることが
あります。

例えば、右コーナーであれば、
右手をハンドルの上に持ってきて
引くような感じでハンドルを
切ることになります。

ーーーーーーー

あとは、ハンドルを切る際に、
押し手と引き手というのが
あります。

私は、わりと押し手でハンドルを
切ります。

これはフォーミュラカーを乗って
きたからなのかもしれませんが、
フォーミュラの乗り手はおそらく
押し手が多いと思います。

一般車を乗る人は、引き手の人も
多いですね。

これも特にどっちが良い悪いではなく、
自分の好きな方でいいかもしれません。

もちろん、ヘアピンコーナーなどの
タイトなコーナーになればなるほど
ハンドルの切る量は多くなりますので、
ハンドルを持ちかえる方が多くなる
かと思います。

ーーーーーー

いずれにしても、サーキットでは
安全面を見ても、基本は9時15分で
ハンドルを握ることをお勧めします。

ハンドルを9時15分で握ったままでも
全然コーナーは曲がっていけると
思います。

ここで大事なのは、ハンドルを切りやすい
ようなハンドルのポジション、シートの
ポジションにすることが大切です。

そして、ハンドルを切る際は、
「丁寧に」
「綺麗に」
「スムーズに」
これも大事になります。

ということで、たかがハンドルの持ち方
かもしれませんが、ハンドルの持ち方、
切り方を意識して扱ってみてほしいと
思います。

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加