サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

冬のサーキット走行での落とし穴

ーーーーーーーーーーー
冬のサーキット走行での落とし穴
ーーーーーーーーーーー

さて、今日は冬のサーキット走行での

落とし穴についてお話しさせて頂きます。

先日、ドライビングレッスンで

走行会に行った時に、

主催者から大きなクラッシュが

あったことを聞かされました。

幸いにもドライバーに怪我は

なかったそうですが…

どんなクラッシュかと言えば、

それは横転するようなクラッシュ

だったそうです。

しかもよく参加する方で、

わりと上手い人だったそうです。

もちろんサーキットなので、

上手い人でも絶対にクラッシュが

無いとは断言できないのですが、

もしかしたら、そこには冬という

落とし穴があったのかもしれない

と思いました。

ーーーーーーーーーーー
冬はタイムが上がりやすい!?
ーーーーーーーーーーー

実は、冬のサーキット走行は、

タイムが上がりやすいと言われています。

実際、ベストタイムが出るのも

冬がほとんどです。

それはなぜなのか?

暖かいシーズンに比べ、

冬はエンジンがよく回ります。

ですので、それだけでもストレート

スピードが伸び、タイムが上がります。

そして、タイヤのグリップが落ちないと

いうことです。

その反面、こんな危険性もあります。

最初の数周はタイヤが温まらないので

グリップが悪くスピンしやすいという

ことです。

ですので、タイヤが温まればタイムが

出しやすのが冬場の特徴です。

ーーーーーーーーーーー
ついつい欲張ってしまう
ーーーーーーーーーーー

どうしてもタイムが出るので、

ついつい人間の心理的に

欲張ってしまうんですね。

もっともっとという気持ちが出過ぎると

コーナーで突っ込みすぎたり、

スピンしたりしてしまいます。

この限界ギリギリのところで

抑えられるかどうかが大事に

なってきます。

抑えられるかどうかは、

技量とメンタルの部分に

なってきます。

ついつい冬の走行であることを

忘れてしまい、行き過ぎてしまう

こともあります。

ですので、行き過ぎないためにも、

冬の走行であることを忘れず

しっかり認識しておくこと、

そして、自分の限界を把握しておく

ことが大切になってきます。

気を抜かず、欲張らず、行き過ぎず、

走ってほしいと思います。

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!

友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加