サーキット走行での悔しい思い、情けなく惨めになること

あなたはサーキット走行での悔しい思い、情けなく惨めになる経験をしたことがありますか?

例えば、
・調子が良かったのにクラッシュしてしまい悔しい思いをした
・コースオフして、走行が終了するまで惨めに思った

などなど、挙げれば色々とあると思います。

私も実際サーキットでは悔しい思い、情けなく惨めになる経験をしたことがたくさんあります。

悔しい思い、情けなく惨めになる経験

情けない経験としては、雨の日に何回もコースオフしたことです。これは、車も汚れるしメカニックに申し訳ない気もちになります。ピットまで歩いて帰る時もなんだか惨めです。フォーミュラカーはコースオフしたらほぼコースに戻れないので、そこで他のマシンが走っているのを見るのも何とも情けないものです。

そして、クラッシュについては、悔しい気持ちになります。単独でガードレールにクラッシュした際も悔しい思いですよね。一瞬の操作ミス、一瞬の判断ミスがクラッシュという状況を生み出します。

そして、他車とのクラッシュについては、お互い嫌な気持ちになりますよね。これも情けない気持ちになります。

いずれにしても、これらはサーキットで走る以上起こってしまうであろう現象です。別に趣味で走っていても起こりうることですので、サーキットを走る人は他人事ではありません。

悔しい思い、情けなく惨めな思いをしないために

悔しい思い、情けなく惨めな思いをしないためには、気を引き締めて走る必要があります。そして、いつクラッシュなどの状況になるかもしれないことを覚悟の上で走る必要があります。できるだけ、走行中は気を抜かないようにすることです。

そして、調子に乗らないことです。調子に乗ると、大抵ミスををします。その一瞬の操作ミス、一瞬の判断ミスがクラッシュへとつながってしまいますので注意してください。

とはいえ、楽しく走ることが一番良いですので、楽しむことを心がけてください。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク