サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

オートマ車でもサーキット走行を楽しく速く走れるのか?

オートマ車でもサーキット走行を楽しく速く走れるのか?

オートマ車でもサーキット走行を楽しく速く走れるのでしょうか?
答えはYESです。

昔だったらオートマ車でサーキット走行するというのは、有り得ませんでした。しかし、近年のオートマ車は性能も良く、意外と楽しめます。オートマ車のメリットとしては、シフトアップやシフトダウンの手間が省けるということです。

マニュアル車であれば、ヒール&トゥをしてシフトダウンをしたりシフトアップの際もクラッチを踏んだりと結構忙しいです。まあ、これがサーキットを走る醍醐味という人もいるかもしれません。それに対してオートマ車はご存知の通りアクセルとブレーキの2ペダルしかないので、非常に楽です。

ただ、コーナー立ち上がりの加速などでオートマ車特有のキックダウンが発生する時は煩わしいと思うこともあります。キックダウンによってコーナーの立ち上がりでロスが生まれるからです。もちろん、CVT(無断変速機)の車であればその煩わしさもありませんが。

オートマ車で速く走るには?

さらに、オートマ車でもスポーツモードの付いているものもあります。シーケンシャルシフトのようにシフトノブでギヤを変えていくものもありますし、ハンドルの裏に付いているパドルでギヤの変則ができるパドルシフトもあります。

近年のパドルシフトの性能は非常に良く、シフトダウンの時もちゃんとブリッピングしてエンジンの回転数を合わせてくれます。そして、回転数が合わなければギヤが落ちないようなシステムになっているので、オーバーレブの心配もありません。ある意味、ヒール&トゥをするよりもスムーズに回転数を合わせてくれるのでビックリです。

パドルシフトの付いた車は、両手をハンドルから離さなくてもいいので運転に集中できて安全です。そして、シフトアップもシフトダウンもスムーズで早いので、より速く走れます。マニュアル車に比べてオートマ車はギヤチェンジのミスがないので良いです。

アクセルとブレーキの2ペダルという意味では、上手くなれば左足でブレーキを踏むこともできます。もちろん、左足でのブレーキは初めのうちは慣れていないので難しいかもしれません。ブレーキの踏力や微妙な調節が慣れていないと難しいかもしれません。

しかし、左足ブレーキが使えるようになると、アクセルペダルからブレーキペダルに足を載せ替えるロスも無くなるのでさらに速く走ることができるようになります。

オートマ車でもサーキット走行は楽しめる!

そして、最近のオートマ車には色々な電子制御が付いています。その中でもトラクションコトンロールなどは、サーキット走行初心者の方を助けてくれる機能だと思います。滑っても補助してくれるので、スピンする気がしない感じです。

しかし、あまり電子制御に頼り過ぎるのもよくありません。上手い人はトラクションコトンロールを解除して走る人もいます。立ち上がりなどで制御が入ることを嫌うからです。制御が入ることで速く走れなくなるからです。ですので、上手くなってきたらトラクションコトンロールを解除するのもいいでしょう。

いずれにしても、オートマ車でもサーキット走行を楽しむことはできます。そして、車種によってはサーキットを選んだ方がいいと思います。パワーのある車であれば距離が2km以上のサーキットでも楽しめますが、パワーがないのであれば1kmぐらいのミニサーキットをお勧めします。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





サーキット走行攻略ポイント

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

サーキットでドライビングアドバイス

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.