サーキット走行では安定したラップを刻むこと

趣味でサーキット走行をする人の中には、一発のタイムに意識を向ける人もいます。もちろん、それもすごく良いことだと思います。ただ、そのベストタイムに近いタイムを安定的に出していくことの方がすごいことだと思います。

安定したラップを刻むということは、毎周同じようなタイムを出すと言うことです。これは、非常に高度な技で、毎周同じような走り方をしなければいけないわけです。ですので、サーキット走行の基礎がしっかりできていないと難しいわけです。

安定したラップを刻めない人の特徴として、ラインが乱れる、アクセルを踏むポイント、ブレーキを踏むポイントが毎周極端にバラバラといったことが挙げられると思います。さらには、集中力の欠如というのもあるかもしれません。

では、どのようにしたら安定したラップを刻んでいけるのでしょうか?

どのようにして安定したラップを刻んでいくのか?

安定したラップを刻むには、まずはサーキット走行の基礎を身につけることです。サーキット走行の基礎とは、ライン取りやアクセルを踏むポイント、ブレーキを踏むポイントなどの基礎をしっかり身につけることです。そして、毎周毎周同じようなラップを刻めるように集中していくことです。

ただ、サーキットも車も生き物です。コース状況や車の状況も周回を重ねていくことで、刻々と変化していきます。コースはタイヤカスや砂利などで汚れ、タイヤのグリップは落ちていき刻々と状況が変化していきます。こんな状況を随時判断しながら、タイムを落とさないようにラップしていかなければなりません。

コース状況と車の状況を判断しながら、アクセルの踏むポイントやブレーキを踏むポイントも変えていく必要があるわけです。タイヤのグリップが悪くなれば、ブレーキポイントを変えないと止まれないかもしれません。もしくは、トラクションが悪ければアクセルを踏んでいくポイントを変えていかないといけないかもしれません。

これらの状況判断をするためにもサーキット走行の基礎ができていないといけないわけです。サーキット走行の基礎ができていなければ、安定したラップを刻んでいくことは不可能なのです。

安定したラップを刻むことができれば

もしあなたが安定したラップを刻むことができれば、よりベストタイムを出す可能性も高くなりますし、ベストタイムを出す回数も増えていくでしょう。そして、安定したラップを刻めるようになると視野が広くなり、スピンやクラッシュのリスクも減っていくでしょう。

安定したラップを刻めると自然と集中力も増していくはずです。それだけ、安定したラップを刻むということは大事なことなのです。高い領域で安定したラップを刻めるようになると、素晴らしい世界がきっとあなたを待っているはずです。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク