サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

一般道での雪の日の運転とサーキット走行の共通点

一般道での雪の日の運転とサーキット走行の共通点

都心でも雪が降ることがあると思います。そこで、雪の中での走行、そして、凍結した路面には注意が必要というお話ですが、サーキット走行とも共通する部分があります。

雪の運転では、やはり「滑る」ということが普段の運転と違うところです。予測できないところで滑る、いわゆる予測が難しいというところが普段と違うところでもあります。

これはサーキット走行にも共通するところです。
サーキットでも雨や寒い冬の走行では、非常に滑りやすくなります。
ということで、予測していくことが重要になりますが、やはり予測できないことも多くあります。

そこで、一般道での雪の日の運転もそうですし、雨の日や冬のサーキット走行では、普段以上に丁寧な運転が必要となります。

特にこのような時の運転は、急の付く運転は非常に危険になりますので、絶対ダメです。
もちろん普段の運転でも急の付く運転はダメですが、雪の際はもっと急の付く運転はNGとなります。

急の付く運転

急の付く運転というのは、急発進、急加速、急ブレーキ、急ハンドルです。

一般道で言えば雪の日、サーキットでは雨の日や冬は、急発進、急加速をすると、ホイールスピンして前に進まなかったり、リアタイヤが滑って車が横を向いてしまうなんてこともあります。

ですので、徐々にアクセルを踏み込んでいくような丁寧なアクセル操作が必要になります。特にサーキットでは、タイヤが冷えていてグリップしないので、徐々にタイヤを温めていくことが大事です。

続いて急ブレーキ、これも危険です。
普段の感覚でブレーキを踏んでいると、止まりたいところで止まれない可能性があります。そう言った意味でも、普段よりもとにかく早め早めにブレーキを開始すること重要です。

サーキットでは、ブレーキング時に急ブレーキに近いブレーキングをしますが、雨の日や冬は徐々にブレーキングをしてどこら辺で止まれるのかを探っていくことが必要です。さらに、ブレーキも冷えていて効きが悪いこともありますので、ブレーキを温めることも重要です。

さらには、急ハンドルもやめた方がいいです。
急ハンドルを切れば、車がスピンする可能性が出てきます。
そうなったら、もう車をコントロールすることが難しくなります。
ということで、丁寧なハンドル操作が必要となります。

丁寧な運転でしっかり温める

ちなみに、サーキットでは雨が降ると「氷の上を走っているようだ」という表現をしたりします。そのぐらいグリップしないですし、滑るということです。

そして冬のサーキット走行も同様で、とにかく路面が冷え切っていてグリップしないので、最初の数周は普段よりもより丁寧に車を操作し、タイヤやブレーキをしっかり温めます。

この際に重要なのが、ある程度のスピードで走らないとタイヤもブレーキも温まらないということがありますので、慎重に走りながらもスピードを上げていくということが大事です。

いずれにしても、一般道での雪の日、サーキットでの雨の日や冬の走行は、いつも以上にグリップが低く滑りやすいので、普段の運転とは別物であるということを認識しておくこと、そして普段の運転以上にゆっくり丁寧に運転すること、急の付く運転をしないこと、これらが大事になってきます。

一般道での雪の日、サーキットでの雨の日や冬の運転では、自分のコントロールできる範疇を超える可能性があるので、とにかく正しい運転が必要になります。
ぜひ、気をつけてください!

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





サーキット走行攻略ポイント

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.