サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

サーキット走行上達アイテムとは?

初心者の方、未経験者の方の

サーキット走行を上達させて

くれるアイテムがあります。

それは何だと思いますか?

それは、

データロガーと車載カメラです。

以前はデータロガーは、

高価で趣味でサーキット走行を

する人にとっては、

全くと言っていいほど必要のない

ものでした。

しかし、今ではデータロガーが

かなり身近なものになりました。

私が普段使用しているデジスパイスは、

ダッシュボードにテープで貼り付けて

スイッチを入れるだけで、

走行中のデータを取ることができます。

そして、ここで大事なのがデータを

取ってどう見るかなのです。

なかなかレース経験者じゃないと

読み取るのが難しく感じるかも

しれませんが…

一番簡単でわかりやすいのは、

速い人のデータと比べるのが

良いと思います。

速い人とデータを比べてみると、

どこが悪いのかがよくわかります。

例えば、アクセルをちゃんと

踏めていなかったり、

アクセルの踏むタイミングが

遅かったり、

ブレーキが早かったり、

走行ラインが違ったりと、

わかってしまうんですね。

そしてもうひとつのアイテム、

車載カメラ、

これも最近は安価で購入可能です。

車載カメラを付けて

見たいところと言えば、

走行ラインとハンドル操作などです。

なので、撮るアングルが結構大事に

なってきます。

できれば、

ドライバーの後方からハンドル操作と

走行ラインが見えるアングルで撮ると

いいでしょう。

難しい場合は、

その時々で後々見たいところを

撮っておくといいと思います。

ちなみに、

私のドライビングレッスンでは

データロガーは既に使用しており、

今後は車載カメラも使用していく

予定です。

これまでのドライビングレッスンでは、

データロガーと外から見て走りをチェック

していました。

これだけでも、どんな走りをしているか

わかるのですが、ハンドル操作などの

操作系に関しては、これまでは私が

助手席に乗る逆同乗走行でしか

チェックできませんでした。

しかし、この逆同乗は、

なかなかサーキット側が許して

くれません。

私の知っている限りでは、

本庄サーキットだけです、

なので、操作系を確認するには、

やはり車載カメラが一番かと思います。

やはり、初心者の方に多いのが、

ハンドルの切る量が足りなかったり、

舵角が一定ではないということが

挙げられます。

そのあたりを車載カメラでチェック

すると、格段に変わっていくものと

思います。

ということで、

ただ闇雲に走るのではなく、

自分の走りをしっかりチェック

するためにも、このようなアイテムを

有効活用すると良いですね。

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、

荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
 ↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加