復活

roadstar-1-300x2122002年、新たなステップを目指し、富士スピードウェイで行われるロードスターカップへの参戦を決めた。 自分で車両を購入しての参戦、周りの人に手伝ってもらい手弁当での参戦となった。 このレースは、年間5戦のシリーズで争われる。 富士スピードウェイはストレートが非常に長く、ロードスターでのストレートはもどかしく感じる。 最高速で180kmぐらいである。

今まで私が乗っていたフォーミュラカーに比べると、加速感、コーナリングスピードG(重力)など全てが違う。体にかかる負担はかなり楽なものだ。 皆さんが乗っている一般車と同じぶん、ハコは親近感が沸くのではと思う。 そしてシーズンが開幕する。 予選で後ろのクルマと2秒近い差をつけてポールポジション獲得。

レースが始まってからも、圧倒的な速さを見せつけ2位と大差をつけてトップでゴール!見事な復活である!

この頃は、本当に周りの人の協力でレースをすることができました。 資金不足の私に、いろいろと物品提供してくれたり、メンテナンスを安くしてくれたりと。 やはり、レースは一人の力じゃできないのです。 そう思うとレースが出来ない日々も、人脈作りという意味では無駄ではなかったのかなって思います。 まあ、人生において無駄なことなんてあまり無いと私は思っています。 何事も経験です!

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク