サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

F4レース第5戦

F4レース第5戦

F4-5-200x300ドライコンディションの中、練習走行が始まる。 前回のレースで調子が悪かったマシンは、ブレーキ及びダンパー共に復調していた。しかし、僕の体調が金曜日の夜から崩れてしまって調子が出ないままの練習走行と なった。 走行開始から力が入らず走りにも元気がないような気がしていが、 最後のセッションでどうにか元気な走りを取り戻す事ができ、手応えを掴んだ。

予選
午前8時50分から20分間の予選がスタートした。 雨が降りしきり各車水しぶきを上げて走る。 前は全くと言っていいほど見えない。 そのような中でのタイムアタックは本当に度胸とテクニックが試される。 クルマの挙動や路面状況、タイヤの状態、周りの状況など、常に緊張して全てを把握していなければならない。この状態が続く中、予選後半にタイムを上げていき、予選6位となった。

決勝
決勝は15Lapで行われた。 雨は上がっていたが、路面はウェット。 このようなはっきりしない天候の時はセッティングや使うタイヤなど非常に悩むところである。 ドライタイヤで一発の賭けに出るという手もあるが、あまりにも路面が濡れているのでウェットタイヤで走ることにした。

クルマのセッティングは、ドライ寄りに変更し、後半勝負で行こうと決意した。 赤ランプが消えレーススタート。 スタートを決め、4位にジャンプアップ。 しかし、その後高速コーナーで縁石に乗り上げ痛恨のスピンを喫してしまう。 後ろからはたくさんのクルマが来ていたが、クラッシュがなかったのが幸いであった。 この時は、恥ずかしくて穴があったら入りたいという気持ちだった。

最後尾に落ちてしまったがコース内には留まったいたので、そこから怒涛の追い 上げを開始。 レース終盤、路面も乾き各車ラップタイムを上げる中、僕はトップと遜色ない ラップタイムを刻み、4台を抜き去り、7位でゴールとなった。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





レース・イタリアのレポート

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.