サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報を無料公開!サーキット走行の不安や悩みを解消!

ニュルブルクリンク

ニュルブルクリンク

2009年6月21日~29日まで、ドイツに行ってきました! そもそもこの旅、出発の1週間ぐらい前に急遽決まった話でした。僕が海外に行くと言うことは、だいたいクルマに関係したことなんだけど、今回は市販車の開発テストや24時間レースでも有名なニュルブルクリンクに知り合いと走りに行くということでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA普通のレーシングコースだったらわざわざ走りに行こうとは思わないけど、このコースは特別で、何と言っても21km近くの長~い路面のうねった非常に 危険なコース。 21km近くあるとコースを覚えるのに一苦労。 峠みたいなコーナーの多いこのコースは、休む暇もなく集中力を維持するのが大変! ホームストレートに帰ってくると本当にホッとするというか、安心します(笑)

とにかくハイスピードでありながら、エスケープゾーンがほとんど無く、スピンやコースアウトすればすぐにガードレールと衝突といった感じ。 オールドコースならではのハイリスクなコース。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAしかし、ドライバーとしてはかなり攻め甲斐がありワクワクするコースでもある! 勾配があり、先が見えないのは当たり前。 前でクルマがスピンしていようものなら、見えなくてクラッシュなんてこともあるらしい。

下りながらのコーナーなんかもアクセル全開で行ったり、ジャンピングスポットがあったりと、舗装の悪いバンクがあったり、路面はうねっているしで、まあ1周を通して本当に気が抜けないのがこのコースの特徴。 このクルマにとって過酷なコースは、一般車のテストに使用されるのもわかるような気がします。 でも、病み付きになるのもうなずける! とにかく、走ってみないとあの恐怖とも快感とも言える感覚は味わえないでしょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAちなみにニュルで乗ったクルマは、フォルクスワーゲンのシロッコというなかなかスポーティーなカッコイイ走りやすいクルマでした。

インストラクターに先導してもらい走行したり、ニュルで何度もレースをしているようなベテランのドライバーの横に乗って走行してもらったりして、何とかコースも覚えて、最後はかなり良いスピードで走れるようになりました。 これが普通のグランプリコースならこんなことをしてもらう必要は無いんだけど、ここはやっぱり特別で、早く覚える意味では良かったのかと思っています。

そんなこんなで、走行後にインストラクターが「今週末の耐久レースに1人乗れる枠があるから出ないか?」と言われました! まあ、残念ながら金銭的な部分で出ることを断念しましたが・・・ しかし、ニュルでは耐久レースが結構あるらしく、チャンスがあれば今年か来年には出てみたいなと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAちなみにこの耐久レース、グランプリコースの一部と旧コースを組み合わせた23kmの長~いコースで参加台数は150台!!!!
まあ、クラッシュはもちろんの事ですが、とにかく規模がでかいというか、この国のモータースポーツの文化を実感し、感動しました!! レースとは別に、日曜日は旧コースを普通に走行でき、イベントでもないのに多くの人が走行しにきていました。 これも、ニュルならではの歴史の深さかなと思いました。 しかも、バイクとクルマの混走で結構事故も多かったです。

ところでニュルはすごい田舎で、泊まったホテルもすごく空気が気持ち良く、やぎや牛、馬などがいる自然の多い所で、何と蛍もいました!! そして、ずっと天気が良く、何とも気持ちの良い日々でした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAあとは、ニュル24時間レースで優勝したマンタイ・モーターズにも行き工場見学。 ポルシェがいっぱいあり、レベルの高さを痛感しました!

ポルシェ・ミュージアムにも行ってきました。 ポルシェというメーカーは、本当に素晴らしいスポーツカーを作り続けているな~とつくづく思い知らされました!

そしてポルシェミュージアムには、今僕が最も乗りたいレーシングカー「ポルシェ・RSスパイダー」が展示されていました!このマシンは、ル・マンLMP2クラスで最強を誇るマシンです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそんなこんなの初のドイツの旅でしたが、久々にヨーロッパのモータースポーツに触れて、 やっぱり僕はヨーロッパが好きだなと実感しました! そして、ニュルを走ったことは僕の財産であり、今度はレースでニュルを走ろうと思います! 今回一緒に行った方々や向こうでの出会いに本当に感謝感謝です!

 

 

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク





レース・イタリアのレポート

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

カーイベントスタッフ募集

麻生裕二プロフィール

無料小冊子

サーキットでドライビングレッスン

サーキットでドライビングアドバイス

スポンサードリンク

サーキット走行を上達させたいなら動画撮影がオススメ!

さらなるサーキット走行の上達にはダータロガーがオススメ!

関係サイト

はこちら
PAGETOP
Copyright © サーキット走行に役立つ情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.