イタリアでの生活

始めてのレースが終わった。再び次のレースに向けての準備を始めた。シエナでは、語学学校に通い勉強。もっとうまくコミュニケーションを取れるようになるために。午前中で学校は終わる。そして楽しみ!な昼飯となる。私の中では、イタリアでの飯はかなりの楽しみだった。よくレストランなどにも行ってみた。レストランと言ってもそんなに値段が高い所ではなく、学生が行くような安く食べられる所を探して行ったものである。

あとは、ピザの切り売りなどもよく利用した。本当においしかった。私の記憶では、イタリアで入ったレストランで「まずい」って所はなかったような気がする。それだけ、食のレベルは高いのである。

午後はトレーニングもよくした。昼おいしい物をたくさん食べたから、その後はしっかりトレーニングをしないと太っちゃうからね、イタリア人のおばさん達みたいに!あんだけ毎日おいしいもの食べていれば当然かなとも思うけど。まあ太るのもそうだけど、レーシングドライバーならトレーニングして体を鍛えなければならない。レーシングドライバーはクルマを乗るだけと思ったら大間違い!結構きついスポーツなのです。レーシングドライバーのトレーニングについては、また今度お話します。

あとは、買い物しにスーパーによく行ったな~。夜飯の材料を買いに。ちゃんと自炊してたんだよな。日本だとコンビニがあるし、ファーストフードもあるから買っちゃうけど、イタリアにはコンビニはないし、ファーストフードといえばマクドナルドぐらいかな、その当時は。やはり栄養を取るのであれば自炊すべきだよね。とにかくスーパーに行くのも自炊するのも本当に楽しくて大好きだった!もちろんスーパーには日本と違う食材が売っている。すごく興味深いことである。

野菜は甘くておいしい。特にトマトが好きだった。トマトソースやパスタのソースはいろいろアレンジして作った。パスタにもいろいろな種類があって本当に飽きないんだよね。オリーブオイルもおいしいし安い。なんでもオリーブオイルをいっぱいかけていた。日本では貴重だからあまりかけないけど。チーズもたくさん種類があった。トマトソースにモッツァレッラチーズを入れてソースを作ったりもした。これは本当に美味しいよ!で、私の1番の大好物は「サルスィッチャ」というソーセージ。これは本当に大好き!

是非皆さんがイタリアに行く機会があれば食べて頂きたい。人それぞれ好みがあるので、別にたいしたことないって思う人もいるかもしれないけど。

 

無料小冊子
初心者でもわかる!サーキット走行に必要な11のステップ

はこちら

スポンサードリンク