サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

サーキット走行に役立つ3つの習慣

新型コロナウイルスの話題で
世間は持ち切りですね。

そんな中でも、
サーキット走行はやってる
みたいです。

車の運転は「3密」では
ないから大丈夫ですかね。

さて、今日は普段からできる
サーキット走行に役立つ
3つの習慣についてお伝えします。

まず、未経験者、初心者の方が
気をつけなければいけないのが、

アクセル、ブレーキ、ハンドル
の扱い方です。

というのも、普段の運転の癖が
どうしてもサーキットでも
出てしまうからです。

その癖を取っていくためにも
普段の運転から気を付ける
必要があるのです。

実はこれ、僕も現役の時から
結構気をつけて、
意識してやっていました。

サーキット走行に役立つ
普段の運転からできる

3つの習慣を解説して
いきますね。

========

1つ目はアクセルです。

信号が青になってからの
発進や加速の時に
急発進、急加速をしない、

丁寧に優しくアクセルを
踏んでいくことです。

アクセル操作がオン、オフ
の方が時々いますので
注意してくださいね。

これは、
コーナー立ち上がりなどの
アクセル操作の練習、

アクセルコントロールの
練習にもなります。

========

2つ目はブレーキです。

信号や交差点などで
止まる時に、

急ブレーキや車が急激に
前のめりになり過ぎないように
止めることです。

これは、コーナー侵入時に
ブレーキを徐々に緩めて
いきますが、

その練習にもなるので
良いですね。

========

3つ目はハンドルです。

これも急ハンドルをしない、
そして、ハンドルとアクセル
の操作のバランスが重要です。

ハンドルだけに頼るのではなく、
アクセルコントロールを使って、

アクセルの加減で曲がる
ということもできるように
なると良いですね。

========

これらの3つを習慣化すると
サーキットでも丁寧に走らせる
ことができます。

サーキット走行は、
微妙な操作が求められるので
普段から慣れておくことです。

そして、

これらがなぜ大事かと言えば、
急の付く操作は車の挙動が乱れ
車を不安定にしてしまいます。

さらに、サーキットのように
スピードが上がれば上がるほど、

急な操作や雑な操作は、
スピンやクラッシュを招く
ことになってしまいます。

多くの人が、一般道での癖が
サーキット走行にも
出てしまいます。

なので、普段から丁寧に車を
扱うことを意識して、

同乗者が気持ち悪くならないような
運転を心がけることが大切です。

ぜひ、この3つの習慣を
意識づけてくださいね!

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加