サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

サーキット走行のデメリット

サーキット走行は、非常に楽しいものです。一般道では出せないようなスピードやGフォースといったことを体感できますし、爽快感を味わうことができます。一般道では味わえないような非日常を味わえるのがサーキット走行の醍醐味でもあります。

しかし、その反面リスクもあります。それは、ちょっとした無理によるスピンやクラッシュなどです。それによって愛車が廃車になる可能性もあります。この他にも、ちょっとした車の故障などもありますし、お金がかかることがデメリットと言えるかもしれません。

走行会とスポーツ走行の違い

サーキット走行には二通りの方法があります。それは走行会とスポーツ走行を利用する方法です。走行会のメリットとしては、初心者でも気軽に参加できることです。レーシングスーツが必須ではないので、そこに資金をかける必要もありません。これらはメリットだと思います。

走行会では基本、初心者や中級者、上級者、車両の差などによるレベル分けがされているので安心して走れると思います。走行会では基本的にサーキットライセンスやJAFラインセンスは不要です。これもメリットです。

走行会のデメリットとすれば、走行会主催者が決めた日程に合わせる必要があることと、走行台数が多いことです。いずれにしても、走行会への参加はハードルが低いと思います。

それに対してスポーツ走行は、サーキットライセンスというものを取得する必要があります。サーキット側が、スポーツ走行などの日程を設定していますので走行可能な日を選んで走行します。平日も走行可能です。サーキットにもよりますが、平日であれば台数が少ない場合もありますし、ある程度自分の都合で行けるのがサーキットライセンスを取得してサーキットを走るメリットなのかと思います。

サーキットが設定するスポーツ走行は、初心者や中級者、上級者、車両の差によるレベル分けがないので、時には危険な場合もあります。そして、サーキットライセンスを取得しなければいけないので、それなりのお金がかかることはデメリットかと思います。

サーキット走行でのメリット、デメリットを判断する

ということで、サーキット走行でのメリット、デメリットをしっかり判断した上で自分に合った方を選択してほしいと思います。サーキット走行というのは、時には危険なことがあります。いくら自分が気をつけていても、周りの危険行為によるもらい事故というものもあります。

サーキット走行をする上で、どこで無理をするのか、どこで自分を抑えるのかなど、しっかりメリットとデメリットを判断してサーキット走行する必要があります。そして、走行会とスポーツ走行のメリット、デメリットもしっかり把握し、どちらが自分に合っているかを判断しながら走る必要があります。

いずれにしても、全ては自分の判断と責任の下に行動してほしいと思います。

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加