サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

チャレンジ

レースはいつでもチャレンジである。2002年シーズンはロードスターカップでのチャンピオンを獲得することができました。そして、早速次の年のことを考えることに。もちろん参戦したいカテゴリーはたくさんあるのですが、しかし、それに伴う資金も必要になってくきます。このままハコ(一般車両)のレースに参戦しようかと考えてもいました。だけど何故かどうしても納得がいっていない部分もありました。それは、私の頭の中にもう一度フォーミュラカーへの挑戦という思いがあったからです。

2002年はロードスターという要はハコ(一般車)のレースに出ていたましたが、私の中ではどうしてもフォーミュラカーのあの感覚というものが忘れられずにいました。ロードスターのレースをしている時でもフォーミュラに乗りたくて仕方ありませんでした。やはりフォーミュラは純粋なレーシングカーですから。

そして私はF4レースというカテゴリーへの参戦を考えていました。F4レースとは、F3の1つ下のカテゴリーにあたり、前後にはウィングが付いており、かっこいいマシンでした。もちろんF3に参戦したいのは山々でしたが、F3のマシンはカーボンなどで出来ており、レース数も多いため、コスト面で参戦するのがかなり厳しいものがあります。しかしF4レースは年間6戦で開催され、マシンはアルミなどで出来ているためコストパフォーマンスに優れたカテゴリーでした。

私は今しかないと思い、このカテゴリーのチャンピオンチームのオーディションを受け、見事合格。再びフォーミュラカーで戦うチャンスを得ました。イタリアでやってきたこと、今までの経験を活かして久々のフォーミュラレースに挑むことになりました。この時の気持ちはというと、本当に高ぶるばかりで、 早く乗りたい、ただそれだけでした。ワクワクしていました。

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加