サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

コーナリングを上手く走る3つのこと

新型コロナウィルスが、
なかなかおさまりませんね。

モータースポーツも続々、
中止や延期になっています。

なんとも寂しい限りですね。

これも、世界が変わる
時なのかもしれませんね。

受け入れるしかありません。

ちなみに、僕のイタリアの
友人に連絡を取ったところ

イタリアは外出禁止で
かなりストレスが溜まって
いるとのことです。

海外から言わせると、
日本はまだまだ緩いと
いうことです。

ーーーーーー

さて、
あなたはどんなコーナーが
苦手ですか?

ヘアピンのような
低速コーナー
難しくないですか?

低速コーナーを走る上で
大事なこと、

1つ目が
「速度を落としすぎない」

そして、2つ目が
「待つ」

で、3つ目が
「立ち上がり重視」

ということです。

では、1つずつ
説明していきますね。

ーーーーーーーーー

まず、1つ目の
「速度を落としすぎない」

低速コーナーへの進入前では
ハードブレーキするので、

どうしても、速度が落ちすぎて
しまうということがあります。

とはいえ、
ハードブレーキングは
必要ですので、

ブレーキは初め強く
段々弱くで

そのコーナーに適した速度に
することです。

特にパワーのない車は、
速度が落ちすぎると
なかなか立ち上がりで

立ち上がっていかないと
いうことがあります。

なので、パワーのない車は
特に気を付けたいものです。

ーーーーーーーーー

2つ目の「待つ」ですが、
低速コーナーというのは
速度が落ちる分、

遅くなっているのでは
ないかと、

どうしてもアクセルを
早く踏みたくなって
しまいます。

なかなかクリッピングポイント
まで待てないということが
あります。

しかし、クリッピングポイント
から早くアクセルを踏んでいく
ためには、

しっかり車の姿勢を整える
ことが必要です。

そのためには、
しっかり待つということも
大切です。

待っていると、
一見遅くなったように
感じますが、

その分、車の姿勢を整えられる、
早くをアクセルを踏んでいける
ので立ち上がりからの伸びが
変わってきます。

ーーーーーーーーー

3つ目の「立ち上がり重視」

これは、クリッピングポイント
からいかに早くアクセルを
踏んで全開にできるかが
大切です。

早くアクセルを全開にできる
ことで、その後のストレート
などの伸びが変わってきます。

タイムを伸ばすには、
長いストレートがある手前の
コーナーをいかに早く
立ち上がっていけるかです。

ーーーーーーーーー

以上の3つをつなげられる
ようになると、低速コーナーも
早くなります。

特に低速コーナーは、
荷重移動を体感しやすい
ところでもありますので、

そのあたりも感じながら、
荷重移動を利用して
走ると良いと思います。

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加