サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

ブレーキングにフォーカスすると速く走れない!?

さて、今日はブレーキングについて
お話したいと思います。

ブレーキングを頑張れば速くなる、
もしかしたらそんなことを思って
いませんか?

結論から言うと、ブレーキングを
頑張るのは最後の最後です。

これは、僕のレッスンでは
口を酸っぱくして言っています。

なぜなら、ブレーキングを頑張った
ところで、タイムはコンマ数秒
縮まるかどうかなのです。

僕もレースを始める前は、
ブレーキングを頑張れば速く走れる
と勘違いしていました。

でも、現実は違いました。

実は、ブレーキングで頑張ることは
リスクが高いのです。

ブレーキングで突っ込みすぎて
クリッピングを外したら遅くなるし、
コース外に飛び出したら危ないし。

もちろん、ハードブレーキはします。

ただ、最初のうちは頑張りすぎない
ということです。

まず最初にやるべきことは、
いかにコーナー立ち上がりから
早くアクセルを踏んでいけるかです。

そのためのコーナリング中の姿勢作り
が非常に大事になってきます。

それが出来て、もうどこも詰める
ところがないという時に、
ブレーキングを頑張ります。

なので、最初からリスクを犯して
ブレーキを頑張ることはしないと
いうことです。

これは、初めて走るサーキットでも
そうですし、初めて乗る車でもそう
ですし、冬場なんかもそうですね。

ですので、
ブレーキングを頑張るのは
最後の最後で、

まずはコーナー立ち上がりから
早くアクセルを踏んでいけるように
しましょう。

そのためには、ラインや姿勢作りも
大事になってきます。

車の姿勢作りは、荷重移動を理解して
おくと良いです。

 

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加