サーキットデビューやサーキット初心者、サーキット走行を趣味にする方に役立つ情報!サーキット走行の不安や悩みを解消!

menu

楽しく爽快なサーキット走行

クラッシュから学んだこと

さて、フランスで初めてレーシングカーに
乗ってからというもの、その興奮が
冷めやらず、

僕は真剣にレーサーを目指すことに
しました。

とはいえ、レースはお金がかかる
のが当たり前で、そのために
アルバイトをしてお金を貯めました。

22歳の時、イタリアのフォーミュラ
フォード選手権に参戦するために
単身イタリアへと渡ります。

この時の僕は、ワクワクとドキドキで
今思えば、怖いもの知らずでした。

そして、イタリアでの初レースウィーク
を迎えるわけですが、ここで僕は
大きなクラッシュをしてしまいます。

その時は、スピードにもマシンにも
慣れてきていて、もっと行けると
気負っていました。

そこは、中速コーナーだったのですが、
立ち上がりでアクセルをいつも以上に
踏み込んだことで、

アウト側の縁石にマシンを乗り上げて
しまうことになりました。

その縁石は、結構段差が付いており、
バランスを崩してしまいました。

その時に、アクセルを戻してしまい
イン巻きするようにして、

フロントからコンクリートウォールに
激突しました。

その時の衝撃はすごいものでしたが、
幸いにも体へのダメージは全然
ありませんでした。

ただ、ショックで心へのダメージは
大きかったのを今でも覚えています。

確か、修理費は80万円ぐらいだった
ような気がします^^;

このクラッシュで、僕はあることを
身にしみて覚えることになりました。

それが、荷重移動です。

そのクラッシュを回避できるとしたら、
アウト側の縁石に乗り上げバランスを
崩した時に、

アクセルコントロールでバランスを
保っていれば、アウト側にコースオフ
するぐらいで済んだと思います。

バランスを崩してしまった時に、
「危ない」と思い、アクセルを
抜いてしまったばっかりに、

リアにあった荷重がフロントに移って
しまったことで、極端に言えば
ブレーキがかかったような状態になり、

イン巻きするようにして
運悪く壁にぶつかったということです。

実は、ドライビングレッスンを始めて
から、このような光景を何度か見た
ことがあります。

それは、筑波サーキット2000の
最終コーナーや、富士スピードウェイの
Aコーナーのような、

いわゆる、中・高速コーナーと言われる
ところで、このような現象が
多く起こります。

だから、今ではドライビングレッスンで
クラッシュしないように口を酸っぱくして、
お客様にはお伝えしています。

特に、中・高速コーナーでのスピンは
スピードも乗っている分、どうしても
大きなクラッシュに繋がりやすいです。

さらに、僕もそうでしたが、
スキルが未熟なことで起こり得ることも
あります。

ですので、注意が必要ですよと、
こんな僕の苦い経験をもとに
お伝えしているわけです。

ということで、中・高速コーナーは
最初のうちはあまり無理せずに、
徐々に速度を上げていってください。

そして、荷重移動が感覚として
わからなくても良いので、

とりあえずは、どんなものなのかを
理解しておくことだけでも良いと
思います。

ぜひ、下記URLよりLINE友達追加をして、
荷重移動の特典動画を視聴してくださいね!

LINE友達追加
特典動画プレゼント中!
↓  ↓
友だち追加

楽しく爽快サーキット走行5日間無料メール講座

LINE友だち追加で特典プレゼント!

友だち追加